事業内容

HOME > 事業内容 > 不動産ファンド事業

不動産ファンド事業

ホスピタルファンド

病院や介護施設などを対象としたホスピタルファンドは、有効な資産運用手段であるだけでなく、高齢化がすすむ日本社会において急務となる医療機関の充実という意味でも非常に意義のある事業と言えます。
投資家の皆様によって病院の経営を健全化し、医療サービスの向上と医療費・介護給付金の抑制など確かな社会貢献を行うと共に、堅実な利回りによる資産運用を行ってみませんか?
不動産ファンド事業や収益物件・土地活用で大きな実績を誇る、コーニッシュが皆様のお手伝いをいたします。

ホスピタルファンドとは

ホスピタルファンドとは、病院や医療機関などの不動産を投資対象としたもので、投資家の皆様から集められた資産で病院不動産を購入。その後、病院の賃料を配当として分配します。 現在、診療報酬の引き下げと共に、療養型病床の再編といった医療制度の大幅な変更が引き金となり、多くの医療機関で経営が圧迫されています。実際に、病院の8割程度が赤字に転じているといわれる今日において、病院の不動産を対象とするホスピタルファンドは、病院に確かな運営資金を与えることにより、経営を安定化するのに大きな効果をもたらします。
また、ファンド形式によって民間企業が参入することによる経営の効率化・促進を期待することも可能なのです。

病院不動産流動化・建て替え支援

現在、病院の経営において大きな負担となっている、医療設備の調達や建て替え・修繕費用にかかる資金。
ホスピタルファンドではこうした資金の調達支援のため、病院の所有する不動産を証券化・流動化するためのご提案を実施。病院経営の健全化・効率化を応援するべく、当社の金融・不動産活用ノウハウも併せてご提供いたします。

再生・M&A

病院の統合やM&Aによる再生は、硬直した医療機関の経営スタイルを一新させるための有効な手立てです。
不動産流動化による財務内容改善・コンサルティングを行いながら、病院の価値を高めるご提案をいたします。
医療分野の慣例・病院の慣習に精通したスタッフが皆様のご要望を伺いますので、まずはお気軽にご相談ください。

コンテンツのご案内

PARTNER COMPANY

コーニッシュは大阪トヨペット株式会社、トヨタカローラ大阪株式会社、株式会社トヨタレンタリース大阪、大阪ガス株式会社、丸紅不動産販売株式会社
株式会社チャーム・ケア・コーポレーションとパートナー企業として皆様のサービスに貢献いたします。