コーニッシュが応援する各種団体

HOME > コーニッシュが応援する各種団体

支援しているスポーツ選手等

当社が応援している個人、団体、スポーツのチーム、イベント、施設のご紹介。

吉本 大樹(レーシングドライバー)

  • レーシングドライバー 吉本大樹

  • ※画像をクリックすると拡大表示します

1999年にレーシングドライバーとしてデビュー。FJ1600鈴鹿選手権・TI英田選手権に参戦し、優勝も経験する。
以降、フォーミュラ・トヨタ、鈴鹿1000km、全日本F3選手権、全日本F3選手権にシリーズなど数多くの大会に参戦。

2001年の韓国フォーミュラ・コリアにシリーズ参戦し、シリーズチャンピオンを獲得。
また、2005年GP2第9戦では、F1を含む国際F3000以上のクラスで、日本人史上初となる2位表彰台を獲得する。
以降もGP2アジアシリーズ、フォーミュラ・ニッポン、GP2アジアシリーズの開幕戦など精力的に参戦。
2009年にはスーパー耐久シリーズ ST3-Classに参戦。シリーズチャンピオンを獲得。
現在もSUPER GT GT300クラス、スーパー耐久シリーズ・ST-3クラス、FIA世界ツーリングカー選手権(WTCC)など挑戦を続け、結果を残している。

2018年、Super GT Series(GT300)に参戦。5年目となるTeam LM corsaから引き続き参戦。マシンは4年目のLEXUS RC-F GT3を駆る。
また、ニュルブルクリンク24時間耐久レースにも参戦。NOVEL RacingからLEXUS RC Fを駆りSP8クラスに参戦。

吉本大樹オフィシャルWEBサイト

庄司 雄磨(レーシングドライバー)

  • レーシングドライバー 庄司雄磨

  • ※画像をクリックすると拡大表示します

2008年よりレーシングカートデビューし、一時はレース活動を休止していたが、2015年吉本大樹選手に出会い、再びレースに復帰。
ASIA CUP SERIES、86BRZRace、FIA-F4 JAPANESE CHAMPIONSHIPといった様々なレースに参加している。

2018年シーズンは86BRZRace、FIA-F4 JAPANESE CHAMPIONSHIPにフル参戦する事が決まっている。
FIA-F4参戦についてはドライバーを務めながら自らメカニックとして車両メンテナンスも行い、その能力を強みに表彰台獲得、優勝を狙う。

脇阪 薫一(レーシングドライバー)

  • レーシングドライバー 脇阪薫一

1992年にカートを初め、1996年には全日本F3選手権に参戦。デビューレースでポールポジションを獲得し、第2戦ではF3選手権史上初の兄弟によるワンツーフィニッシュを記録。 2001、2002年と鈴鹿1000kmレースに出場し2年連続総合優勝を飾った。以後2002年より2007年まで全日本GT選手権(現SUPER GT)に参戦し続けた。

また、2007年はスーパー耐久シリーズにてクラス3 にエントリーした#41 SABOTAGE Zのコーディネーターを務め最終戦では自らドライブ、クラス優勝に導いた。 2008年のレース活動は、鈴鹿1000kmの1戦にとどまるものの、サーキットで「観戦環境の向上」を目的としてコミュニティーイベント・スペース脇阪家(わきさかや)やファンクラブミーティングも開催し、寿一との兄弟プロデュースでそのセンスと柔軟性を発揮している。 なお、2009年からはレース活動に加え、ポルシェ公認インストラクターとしてドライビングテクニックを幅広く伝授している。

脇阪薫一オフィシャルブログ「SHIGEKAZU BLOG」

菅波 冬悟(レーシングドライバー)

  • レーシングドライバー 菅波冬悟

5歳の時に父に連れられカートサーキットへ行き、レーシングカート初走行。
F1ドライバーを目指し、各ジュニアカテゴリーで結果を出しながら上位カテゴリーへとステップアップする。
レーシングカーと最高峰クラスに15歳で出場し、デビューレースで連続表彰台を獲得。
その後SUCCEED SPORTS jr.というレーシングチームでレースを戦い、優勝も経験する。
タイヤメーカーであるYOKOHAMAの開発ドライバーも努めた。

2017年に新設されたスカラシップであるFIA-F4 JAPANESE CHALLENGEの初代チャレンジドライバーとしてFIA-F4参戦し、四輪レースの世界へデビューした。
また、シーズン途中からTOYOTA GAZOO 86/BRZ RACE PROクラスにも出場し、多くのプロレーシングドライバーが参戦する中、レースではポイントも獲得した。

岩橋 里衣(女子プロゴルファー)

プロフィール

1986年5月生まれ 埼玉県出身
所属:フリー 

主な戦歴

2012年 【ステップアップT】こうぎん Duoカード・レディース 2位T
2013年 【ステップアップT】山陽新聞レディース 9位T
2014年 【ステップアップT】Duoカード・レディース 10位T
2015年 フジサンケイレディス 31位T
2017年 サマンサタバサガールズコレクション・レディース 2位T
2018年 サントリーレディスオープン 3位T

2014年度LPGAプロテストを合格したフレッシュな新人女子プロゴルファー。

10歳の時に父親に連れられて始めたゴルフ。ジュニアゴルファーとしてメキメキと頭角を現し、高校進学時には将来の夢であった看護師を目指しながら、ゴルフもできる埼玉平成高校に進学。
片道2時間以上かけて通い続けた頑張り屋であり、全国大会に出れたらゴルフを続けようと決めて見事実現し、プロを目指すことに。

これまでにも翌年の出場権をかけた予選会で好成績をおさめ、TPD単年登録でステップアップツアーに出場し、上位に進出するものの、肝心のプロテストではミスが続き、最後の挑戦と決めて臨んだ2014年のプロテストで見事合格。ようやく名実ともに新人プロゴルファーとしてスタートを切りました。
本年度はLPGA下部ツアーのステップアップツアーに全戦出場と推薦の得られたレギュラーツアーの予選会に出場予定。
さっそく4月の「フジサンケイレディーストーナメント」では予選会を通過し、本選でも31位タイに入りました。
正確なショットは師匠でもあるQP関雅史氏の折り紙つき。上位進出を狙える実力を備えた新人プロゴルファーです。

岩橋 里衣オフィシャルブログ「里衣さんす〜う☆」

池山 直(女子プロボクサー)

WBO 女子世界アトム級チャンピオン

  • 女子プロボクサー
出身地 岡山県
ライセンス取得 2008.04.29
プロ戦績 12戦10勝(2KO)2敗1分(移籍後7戦6勝1分)

2013年中外ジムより移籍

戦歴

2017.7 WBO女子世界アトム級タイトルマッチ10回戦 10R △ 1-1判定ドロー
2016.12 WBO女子世界アトム級タイトルマッチ10回戦 6R ○ TKO勝ち
2016.6 WBO女子世界アトム級タイトルマッチ10回戦 10R △ 1-1判定ドロー
2015.12 WBO女子世界アトム級タイトルマッチ10回戦 10R 〇3-0 判定勝ち
2015.2 WBO女子世界アトム級タイトルマッチ 10回戦 10R ○ 判定勝ち
2014.9 WBO女子世界アトム級タイトルマッチ 10回戦 10R ○ 判定勝ち
2014.5 WBO女子世界アトム級王座決定戦 10回戦 10R ○ 判定勝ち
2013.12 47.2kg契約 6回戦 6R ○ 判定勝ち

※2018年2月現在

小澤 瑶生(女子プロボクサー)

OPBF女子東洋太平洋スーパーフライ級チャンピオン
初代G Legendスーパーフライ級チャンピオン

  • 女子プロボクサー
出身地 長野県
ライセンス取得 2011.7.24
プロ戦績 17戦13勝(5KO)4敗
スポーツ歴 全日本大学バスケットボール選手権大会 4位

戦歴

2017.9 フライ級 8回戦 5R 1分31秒 ○ TKO勝ち
2017.5 WBO女子世界ライトフライ級王座決定戦 10回戦 10R ●1-2 判定負け
2016.12 フライ級 6回戦 6R ○ 3-0 判定勝ち
2016.8 フライ級 8回戦 4R ○ TKO勝ち
2016.5 WBC女子インターナショナルSフライ級タイトルマッチ 10回戦 10R ● 判定負け
2015.12 スーパーフライ級8回戦 3R 終了 ○ TKO勝ち
2015.9 スーパーフライ級 6回戦 6R ○ 判定勝ち
2015.4 スーパーフライ級 8回戦 8R ○ 2-1判定勝ち
2014.9 スーパーフライ級 8回戦 8R ○ 判定勝ち
2014.3 第2代 G Legend スーパーフライ級王座決定戦 6回戦 2R ● TKO負け
2013.12 スーパーフライ級 8回戦 8R ○ 判定勝ち
2013.8 東洋太平洋女子スーパーフライ級タイトルマッチ 8回戦 1R ● KO負け
2013.2 スーパーフライ級 6回戦 6R ○ 2−0判定勝ち
2012.9 スーパーフライ級 6回戦 6R ○ 判定勝ち
2012.6 スーパーフライ級 4回戦 3R ○ TKO勝ち
2012.2 スーパーフライ級 4回戦 2R ○ KO勝ち
2011.8 スーパーフライ級 4回戦 4R ○ 判定勝ち

※2018年2月現在

小澤 瑶生 オフィシャルブログ「たまのブログ」

PARTNER COMPANY

コーニッシュは大阪トヨペット株式会社、トヨタカローラ大阪株式会社、株式会社トヨタレンタリース大阪、大阪ガス株式会社、丸紅都市開発株式会社
株式会社チャーム・ケア・コーポレーションとパートナー企業として皆様のサービスに貢献いたします。