幻夜

またまた東野圭吾さんです。

『幻夜』読み終わりました(>_<)

『白夜行』と同じくらいの長編小説ですが、いつものことながらたくさんの伏線がはられていて後半に進むにつれて徐々に謎が解決していくという構成でとても読み応えがありました!!

いつも読み始めたときはそうでもないのですが、後半にさしかかってくると続きが気になって気になって空いている時間全てを読書に注いでしまいます。

よく歩きながらスマートフォンをいじってる人を見て危ないなぁ...と思いますが、たまに歩きながら本を読んでいるときがあります。

ネットで幻夜は白夜行の続編という説がありますが、そう仮定してもう一度読むと更に面白そうです(*^_^*)


私は1月から図書館に通い始めて今まで東野圭吾さん以外の作品も読みましたがやっぱり東野さんの推理小説が一番面白いです。

図書館派なので最新作をすぐに読めないのが残念です(/_;)


  • [ 2014年5月23日 ]
  • コメント(0)
  • TOP▲
コメント
コメントを投稿
投稿いただいたコメントは内容確認後、掲載されます。通常、公開までに1週間程度の時間をいただいています。

ページの先頭へ戻る