2012年5月の記事一覧

[ 2012年5月31日 ]

【季節の便りをシリーズでお知らせしていきます】

【季節の便りをシリーズでお知らせしていきます】


皐月 四季は夏になります。
七十二候(しちじゅうにこう)

節季では5月5日頃から5月20日頃までを
竹笋生(たけのこしょうず)と言います。
竹笋生と書いて、たけのこしょうず、と読みます。
竹笋(たけのこ)が生えてくる時季をいいますが、
露わに出てくる竹の新芽という点において、
筍と竹笋は同じ意味であり、中国語でいう
「笋(s?n)」は、筍の異体字です。
雨後のたけのこは、中国語では「雨后春笋」と書きます。
たけのこを食用にしているのは、日本、中国、韓国です。
日本では、「竹笋」という文字よりも、「筍」を多用します。
しかし、食材としての筍は、日本ではこの時季にはもう旬を
過ぎています。大きく成長し、ぐんぐん空に向かって、
竹になるべく成長を遂げている時季であって、
この候を「竹笋生」というのは、かなりズレているのではないか、
と思われる人が多いかもしれません。

この理由は何なのか?

江戸時代に入ってきた孟宗竹でしたが、
「本朝七十二候」がまとめられた頃は、
まだ外来種の新種に過ぎないもので、
当時、たけのこといえば真竹でした。
真竹の「筍」が出回るのは5~6月なので、
まさに「本朝七十二候」の時候と符合します。
「筍」は、竹冠に旬と書きます。
この文字を多用しているところに日本らしさがあり、
ソメイヨシノが、最近の桜であるのと同じように、
孟宗竹は、春を告げる食材として日本において
定着をみたという次第です。

                         5月吉日

「季節」「気候」といえば気象学の分野で天文とは直接関係
なさそうに思えますが、「季」は四季、「節」「気」は二十四節気
「候」は七十二候のことで、いずれも太陽黄経を示す暦のことです。


続きを読む

  • コメント(0)

[ 2012年5月30日 ]

花言葉 Vol .6

花言葉 Vol .6

みなさん、こんにちは!

今回のセンターはトルコキキョウさんです。
トルコキキョウの花言葉をご存知ですか?

「よい語らい、あなたを思う
 優美、希望、思いやり」

清楚なお花で、
花言葉「優美・思いやり」言葉そのもののように思います。

続きを読む

  • コメント(0)

[ 2012年5月29日 ]

【研修】

今日は、久しぶりに銀行主催の研修に参加してきました。

中堅社員研修という位置づけで、今まででも良く有る内容でした。

内容は殆ど経験済で理解済みだったのですが、

自分が実践できているかと言うと出来ていない部分が、

沢山有ることを再認識されられました。

やっぱり、自分自身マンネリ化しているのかな?

反省です!固定概念は捨てて、もっと新しいことにチャレンジします。今から!

  • コメント(0)

[ 2012年5月22日 ]

花言葉 Vol .5

花言葉 Vol .5

みなさん、こんにちは!

今回のセンターは月桃さんです。
月桃の花言葉をご存知ですか?

「爽やかな愛」

お花が変わると、エントランス雰囲気がイメチェンできますね。

お客様に少しでも爽やかな季節感がを味わって頂けたらいいなと思います。

続きを読む

  • コメント(0)

[ 2012年5月22日 ]

【子供の個性】

先週と先々週に友達の子供に別々でキャッチボールを教えてあげることになった時に
感じた子供の個性を書きます。

子供①小学校4年生 スポーツ大好き、アウトドア派
バランス感覚がよく言われたアドバイスを素直に聞き上達が早い。
後日、父親に褒められて上機嫌!
(また、今度誘ってと直接言ってくる。)


子供②小学校3年生 ゲーム大好き、インドア派
頭が良い、時折見せる球は良い。だが10分で飽きる
母親は何も言わないが上機嫌!
(僕はみんなができることはできなくてもいい。みんなができないことができるようになりたいと
 キャッチボール直後に言ってくる。)


僕の感想としては

やっぱり教えがいがあるのは子供①かな・・・

でも子供②の将来も気になる・・・

どちらがいいとかはないけど、2人の個性をすごく感じました。

  • コメント(0)

[ 2012年5月12日 ]

メタボVol.2

私はメタボです。
季節も暖かくなり1週間ほど前から、2日に1回程度ジョギングを始めました。

学生の頃はスポーツマンだったのですが、、、
いざ走ってみると200m程軽く走っただけで息切れして倒れそうになりながら、
約1時間ほど歩いたり走ったりを繰り返して汗だくになりました。

少し痩せたかなと思いますが、その反面お腹が減ってご飯がおいしく食べれてしまうので、
結局いつもより多く食べちゃいました。

  • コメント(0)

[ 2012年5月12日 ]

息子と家族vol.4「遠足に行って...」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
前回のお話の続きですが、先日、小学校の遠足に行きました。
遠足自体は大変楽しかったようで、息子も意気揚々と帰ってきたようです。

息子が帰ってきて、妻がリュックサックの中を確認するとビニール袋に入れていったおやつが、
ほぼ遠足に行く前の状態で、ビニール袋の中に『かっぱえびせん』が散乱していたようです。
他のおやつはまったく手つかずで、かっぱえびせんも数本しか食べていないようでした。

そんなことで息子を追求するのもどうかと思い、何も聞かなかったのですが、
そういえばおやつを買いに行ったときに自分で選んだ唯一のおやつが
『かっぱえびせん』でした。

普段からおやつを食べない子ですが、親としてはこういうときに複雑な心境になるのなら、
もっといろんなものを無理にでも食べさせとけばよかったなと思います。

結局余ったおやつは私と妻で食べています。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  • コメント(0)

[ 2012年5月11日 ]

季節の便りをシリーズでお知らせしていきます。

季節の便りをシリーズでお知らせしていきます。

皐月 四季は夏になります。
5月6日 立夏


七十二候(しちじゅうにこう)
節季では5月5日頃から5月20日頃までを
蛙始鳴(かわずはじめてなく)と言います。


蛙始鳴とは、カエルがはじめて鳴く時季をいいます。
この鳴き声はカエルが冬眠から覚めて鳴き始めるというより、
春になって雄のカエルが雌のカエルを呼んでやかましく鳴くことをいいます。


日本人は、カエルの鳴声を聴くのを好みます。
江戸時代にはカエルの中でもとくに声がよい
カジカガエルを飼育して、その鳴声を楽しみました
日本人のカエル好きは、稲作栽培とつながりがあり、
カエルは降雨を予報する生物ということが大きかったようです。
カエルは害虫を食べるので、水田の保持にも役だちました。
そんなわけで、カエルは田の神の使わしめと考えられ、
信仰の対象になっている地域もあります。


カエルについて詠まれた名句を紹介しておきます。

・古池や蛙飛びこむ水の音 ・・・芭蕉

・およぐ時よるべなきさまの蛙かな ・・・蕪村

・雨雲に腹のふくるる蛙かな ・・・千代女

・みどり児と蛙鳴く田を夕眺め ・・・中村汀女

・蛙の目越えて漣又さざなみ ・・・川端茅舎

・いんげんの蔓が出そめて初蛙 ・・・加藤楸邨

                                       5月吉日


「季節」「気候」といえば気象学の分野で天文とは直接関係
なさそうに思えますが、「季」は四季、「節」「気」は二十四節気
「候」は七十二候のことで、いずれも太陽黄経を示す暦のことです。


続きを読む

  • コメント(0)

[ 2012年5月10日 ]

【自転車事情】

最近ここ数年自転車ブームが続いているようです。

僕も新しい自転車に乗り換えたいのですが・・・

あえなく断念!

というにも理由が!

理由① 自宅マンションの駐輪場が一杯になって駐輪シールのない自転車は
      容赦なく敷地外に放置。。。

理由② 放置すると、大阪市の駐輪禁止エリア拡大事業により撤去される。。。

以上の理由で引っ越しするまで、

乗り換えガマンします!

  • コメント(0)

[ 2012年5月10日 ]

☆☆GW☆☆

GWも終わって、4日が経ちました。。。
みなさんは、どんなGWでしたでしょうか?

私は、前半のGWを使って帰省しました!
といっても、車で夜中走っても、ノンストップで5時間半~6時間位かかる為、
実際、家でゆっくりしたのは、たった1日程でした。。。
でも。。。私は車の運転が大好きで、しかも、実家は海、川、山の近くで、自然大好き!、
特に海が大好きなので、すごくリフレッシュできました!!!

早朝、実家近くの海に到着!
サーフィンスポットが沢山あり、サーファーの姿と朝日を見る。。。。
最高です!
そして、母親の手料理!
我慢していたビールを一気飲み!
最高ですね!

何よりも、家族の笑顔を見れた事が、
最高によかったです!

またゆっくり帰ります。。。


  • コメント(0)

ページの先頭へ戻る